ギャラリークレア

赤ちゃん・ふらっと

  • 〒194-0013
  • 東京都町田市原町田4-6-8
    スペランツァ町田2F地図
  • TEL&FAX042-860-6331
  • 11:00~19:00

設備紹介

設備トップ画像

利用規約

ギャラリークレア利用規約

第1条(目的)

本規約は、株式会社三和住建(以下「会社」という。)が、社会貢献の一環として非営利目的で地域コミュニティーを支援するために、スペランツァ町田の2階 「ギャラリークレア」(以下「本施設」という。)を利用する者(以下「利用者」という。)に有料で解放するにあたりその利用条件を定めるものです。

利用者は、本規約が適用されることについて承諾する場合に限り、本施設を利用することができます。

第2条(利用資格)

本施設は、町田市民、町田市に隣接する市町村の住民、町田市に勤務先・通学先があるもの、その他会社が適当と認めたものが、本規約に基づき利用契約を締結することで、利用することができます。

第3条(申込手続)

本施設の利用を希望するものは、本施設の利用開始を希望する期間(木曜日から始まる6日間ごとに利用することができます。)の初日の30日前までに、会社指定の書式に記入し会社指定の添付資料を準備の上、会社に利用申込を行うものとします。

本施設の利用を希望する者が前項により利用申込を行った場合、当該利用希望者は、本規約、利用細則の内容を承諾したものとみなします。

会社は、本条1項の申込から3営業日以内に、本施設の利用を希望する者に対して、利用の諾否を通知するものとします。この通知に記載された振込先へ利用者が第4条2項に定める予約金を入金し、会社が入金を確認したことをもって利用契約が締結されたものとします。

 本条1項の利用申込は、利用を希望する日の6ヶ月前から行うことができます。

第4条(施設利用料)・・・平成26年7月現在

本施設の利用料は、以下の通りとします(なお、以下の区分は、申込者個人の属性及び利用に際して対外的に表示する名義を基準に判断するものとします。)。

  • 【町田市内在住・在勤者】50,000円/週(税別)…物販をする場合60,000円/週(税別)
  • 【町田市外在住・在勤者】70,000円/週(税別)…物販をする場合90,000円/週(税別)
  • 【学   生】35,000円/週(税別)…物販をする場合40,000円/週(税別)

利用者は、会社から利用許諾の通知が届いたら一週間以内に利用料の半金を予約金として、残金を開催日の30日前までに前払いするものとします。支払いは振込によるものとし、当施設での現金の授受はいたしません。なお、振込料手数料は、利用者の負担とします。

第5条(利用条件)

 本施設の利用条件は以下のとおりとします。

  • 【利用範囲】本施設(延面積90.055㎡)
  • 【利用期間】1週間(木曜日から火曜日まで。水曜日は休業日となります。他に夏季休業、年末年始などの特別な休業日があります。)
  • 【利用時間】本施設開館時間内(午前11時から午後7時。設営、撤去等も時間内にお願いします。)
  • 【利用目的】展示イベントその他、会社が利用者から事前の申出を受け個別に承諾した利用方法。

利用者は、本施設の利用に関して、本施設に付属する以下の設備を利用することができます。

【付属設備】椅子、机、脚立、電気ポット、案内板等

利用者は、利用期間終了後、本施設を原状に復して、返却するものとします。

利用者は、本施設を毀損した場合、これにより会社に生じた損害の賠償をするものとします。

第6条(施設利用にあたっての禁止事項)

会社は、本施設(本条において本施設の存する建物及びその敷地を含む。)において次の行為を禁止します。

  • 爆発性、発火性のある物品、その他危険または不潔悪臭のある物品を建物等に搬入し格納すること。
  • 動物を搬入し、または飼育すること。
  • 喫煙すること。
  • 本施設内で飲食を行うこと(蓋のついたペットボトルを持込むことについてはこの限りではない。)。
  • 吸殻、発火の恐れがある紙屑、塵芥、その他の廃棄物を会社の指定する場所以外に捨て、放置すること。
  • 暖房、採熱のため建物等において木炭、石油、その他の燃料を使用すること。
  • 冷蔵庫、電熱器、電気ストーブ、電気毛布、電気ヒーター、電気ポット、コーヒーメーカー、湯沸器等を持ち込み、利用すること(ただし、付属設備の利用を除く。)。
  • 他人の営業、執務を妨害すること。
  • 本施設で宿泊すること。
  • 会社の事前承認なく行事や集会などを行なうこと。
  • 会社の事前承認なく販売、宣伝、勧誘行為、示威行為を行うこと。
  • 宗教活動又は政治活動を行うこと。
  • 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団若しくはその関係者、その他反社会的勢力を本施設に立ち入らせること。
  • 自動車、自転車等を会社の指定する場所以外に置くこと。
  • 物品を放置し、或いは看板、広告、掲示板、写真等を設置若しくは貼付すること。
  • 施設の安全、品位保持の妨げとなる一切の事項。
  • その他、公序良俗に反する一切の行為。

利用者が前項に違反した場合には、会社は、これにより利用者に生じた損害の賠償を請求することができます。

第7条(解約)

利用者は、利用契約締結後であっても、利用開始予定日の30日前までに会社に書面で通知することで、利用契約を解約することができます。この場合、会社は、既に受領している利用料のうち予約金としてお預かりした半金をキャンセル料として頂きます。やむを得ず日程を変更される場合、一利用につき一回までのキャンセル料は発生いたしません。

会社は、予約金の入金の確認ができなかった場合、及び残金の入金を申込にかかる利用期間の初日の3週間前までに確認できなかった場合には利用契約を解除することができます。この場合、会社は、利用者に対して、当該解約に関して生じた経費その他の損害の賠償を請求することができます。

会社は、利用者が本規約第6条に違反し又は違反するおそれがあると合理的に判断される場合には、利用契約を直ちに解約することができます。

利用者が暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団若しくはその関係者、その他反社会的勢力であることが判明した場合には、会社は、利用契約を直ちに解約することができます。この場合、会社は、利用者に対して、一切の損害賠償責任を負うものではありません。

第8条(連絡)

本規約に関する会社の連絡先は、会社の本施設運営事務局(本施設内に設置。)宛に行うものとします。

第9条(利用細則)

会社は、本規約を補完するものとして、必要に応じて利用細則を定めることができ、この場合、本施設の事務局に備え置きます。

第10条(変更)

会社は、必要と認めた場合、いつでも、本規約を変更することができます。

第11条(免責)

以下の場合でも、会社は、利用者に対して、何らの法的責任を負わないものとします。

  • 本施設利用にあたり生じた紛争、盗難、紛失等。
  • 会社は、利用者に告知の上、会社が必要と認める修理・または保守作業(停電・断水等を含む。) を行うことができ、利用者は自らの責任でこれに対処するものとします。
  • 会社は、水道、通信、電力等の設備について、常に良好な状態を保全・保持するように努めるものとしますが、万一施設内設備に障害が生じた場合、如何なる事由にせよ一切の責を負わないものとします。
第12条(管轄)

本規約及び利用契約に関して生じた紛争の第一審の専属的合意管轄裁判所は、東京地方裁判所とします。

以上